パソコンとは

パソコンとはパーソナルコンピューターの略で、PCなどと呼ばれることもある。

パソコンは、主に個人で使用するためのコンピューターである。 一般消費者向けの大きさ、性能、価格で販売している。

パソコンの種類は、デスクトップ、ノートブック、タブレットなどの種類がある。 パソコンの中身はほぼ変わらず、大きさが変わる。

デスクトップが一番大きく、その名の通り、机の上に置くように設計されている。
ノートブックは、持ち運びしやすいように設計され、外に持ち運べる、サイズ、重さである。
タブレットは、ノートブックよりも、より手軽に持ち運べるものだ。
タブレットPCは、基本的にタッチパネルの液晶を採用しているケースがほとんどである。
パソコンのCPU市場はインテルが圧倒的なシェアを占めている。

パソコンは1974年にアメリカで初めて、個人消費者向けに発売された。 世界的に普及しだしたのは1981年以降である。

パソコンの機能としては、インターネット接続、文章作成、表作成、動画・音声の視聴など用途は様々である。 現在では、パソコンは一家に一台以上はあるぐらいだ。 ビジネスでも、管理するのは全てパソコンで、作業もほとんどパソコンで行う。

いまやパソコンなしでは生きられないような社会になっている。

Proudly powered by WordPress   Premium Style Theme by www.gopiplus.com