計測器の校正業務ならお任せください!

JCSS校正は、計量法校正事業者登録制度(JCSS)の登録事業者として、国際規格ISO/IEC 17025(試験所及び校正機関の能力に関する一般要求事項)に基づき、特定二次標準器又は常用参照標準器を用いてお客さまの標準器,計測器等の校正を行います。
JEMICは、国際MRA対応認定事業者でもありますので、JEMICが発行するJCSS認定シンボル付校正証明書は、国際試験所認定協力機構(ILAC)に加盟する全ての国と地域で相互受け入れが可能です。

認定範囲は、JCSS認定(登録)校正事業者としてJCSS校正を行っています。
JEMICは、幅広い品目についてJCSS校正を行っておりますが、JCSS校正範囲外につきましては、当所の定める技術基準に基づき、一般校正を行います。
特定校正は、計量法校正事業者登録制度(JCSS:Japan Calibration Service System)の登録を受けようとする事業者及び登録を受けた事業者の標準器(特定二次標準器)の校正を行います。
この校正を行ったときは、“jcss”のマークを付した校正証明書が交付されます。

絶縁用保護具・防具は、使用による損傷や自然劣化等の発生が見込まれます。
感電による事故を未然に防ぐためにも、定期的な点検をおすすめします。
JEMICでは絶縁用保護具・防具の定期点検を実施しておりますので、是非ご利用ください。

JCSS認定シンボル付校正証明書は、試験所及び校正機関の国際規格ISO/IEC 17025を始め、品質システムの国際規格ISO9000S、自動車業界の品質システムISO/TS 16949等の規格の要求に対応できます。活線作業および活線近接作業においては、作業者の身体を守るために絶縁用保護具・防具の装着が義務づけられています。計測器の校正を使用した検査を行っております。

Proudly powered by WordPress   Premium Style Theme by www.gopiplus.com